妊娠初期に咳が止まらない!咳き込むと下腹部が痛いけど流産の心配は? - うれしい楽しい子育て応援隊

妊娠トラブル・からだ 妊娠初期

妊娠初期に咳が止まらない!咳き込むと下腹部が痛いけど流産の心配は?

更新日:

妊娠初期は赤ちゃんの体が作られ

大事に過ごしたい時期ですよね。

 

そんなとき

風邪ぽく咳が止まらない、

あまりにもひどく咳き込む、

咳で下腹部が痛くなる、

と悩んでいませんか?

 

初めての妊娠では赤ちゃんに

影響がないか流産しないか不安ですよね。

 

今回は妊娠初期のひどい咳について

原因や対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

 妊娠中は風邪を引きやすい

通常は体には免疫力が備わり、

さまざま菌からも体を守り

感染症といった病気にかかりにくく

するように働きかけます。

 

しかし妊娠をするとこの

「免疫力」が低下することが確認されています。

それもとくに「細胞性免疫」が低下するため

風邪や感染症にかかりやすくなります。

 

免疫力が低下する原因には

1つは女性ホルモン。

女性ホルモンが妊娠を継続させるために

分泌量が大きく変わります。

そのためホルモンバランスが崩れるのです。

 

急激なホルモンバランスの崩れは

免疫力を著しく低下させてしまうので

妊娠初期は体調を崩しやすくもあります。

 

しかし妊娠という出来事があえて

免疫力を低下させるとも言われます。

それは「赤ちゃんを守ること」

 

免疫力が低下するのに赤ちゃんを守る、

ってよく意味が分からないですよね?

 

もしもママの免疫力が

通常のように強い状態だと、

胎内の赤ちゃんを”異物”とみなし

拒絶反応を起こします。

 

それは体外へ排除しようとすること。

つまりは流産や早産という

危険な状態にしてしまうことなんです。

→【稽留流産】手術か自然に待つか?リスクや費用・体験談について

 

そこで妊娠中はあえて免疫力を低くして

赤ちゃんを無事に出産出来るように

自然に調整をおこなっているのです。

 

でもその代わりに体力が低下したり

風邪などの病気になりやすかったりと

妊娠中の体調は著しく崩れやすいのです。

妊娠中にインフルエンザにかかってしまった

妊婦さんも多く、薬で症状を改善できなく

苦しい思いをした人も多いのですよ。

妊娠したらインフルエンザの予防接種はダメ?気付かずにしてしまったら? 

スポンサーリンク

妊娠初期に咳込む原因は?

seki02

妊娠初期に咳が続く、

咳込んでしまう、

その原因にはいろいろ考えられます。

風邪

まずほとんどが「風邪」によって

妊娠初期に咳が出る、咳込むことが多いです。

 

さきほどもお伝えしたように

妊娠によって急に免疫力も低下して

体力も落ちてしまいます。

そこにウイルスに攻撃をされてしまうので

簡単に風邪も引いてしまいます。

 

そのときの初期症状として

「咳」が出やすくなります。

咳だけでなく、鼻水、微熱っぽい

体がだるい、のどの痛みなど

他の症状がないか確認しましょう。

 

咳があれば風邪のことが多いですが

妊娠初期症状は風邪の症状によく似ています。

妊娠初期症状か風邪か?鼻水が止まらない理由と見分け方

咳ぜんそく

また「咳ぜんそく」の可能性もあります。

咳ぜんそくとは、通常のぜんそくのように

呼吸音がヒューヒュー・ゼーゼーせずに

単に咳が慢性的に続く症状です。

 

妊娠中に咳ぜんそくになる妊婦さんは多く、

その原因ははっきり分かっていません。

 

風邪を引いたあとに咳だけが残る、

ホルモンバランスの影響で

体の変化から咳が引き起こされる。

とさまざまです。

 

私も妊娠したときに風邪を引いたあとに

咳が2週間続いてしまい吸引薬を服用しました。

あまり咳が続くと赤ちゃんにも影響が出るかと

怖かったのをよく覚えてます(´;ω;`)

水分不足

妊娠中は通常よりも多く水分補給が必要です。

それは赤ちゃんへ多くの血液を運び

血液循環を良くするためでもあります。

 

しかし妊娠すると水分不足に陥ることも多く、

結果、喉が乾燥状態になり

喉の炎症を引き起こし、咳の原因になります。

 

妊娠中は水分不足になりがち。

水分補給と葉酸はこの妊娠生活に必須!

赤ちゃんの先天性異常を防ぐとともに

妊娠初期から毎日摂取すべき栄養素です。

葉酸がなぜ必要なのか?選ばれる葉酸サプリで後悔しない!

アレルギー

今までは、ほこり、花粉、動物の毛

ダニ、たばこなどのハウスダストによる

アレルギー反応なんてなかったのに

妊娠をきっかけに過敏になった、

という妊婦さんの声も聞きます。

 

アレルギー物質が喉を刺激し

咳のイガイガ感や咳を出してしまう

可能性もあります。

 

まめな掃除をしたり、

寝具を清潔にするようにしたいですね。

 

デリケートな悩みを1人で抱えていませんか?

妊娠中に膣に痛みや腫れ・圧迫感を感じる!その原因は?対策法について

 咳込むときの赤ちゃんへの影響、下腹部が痛いときは?

seki03

妊娠中にあまり咳込むと

赤ちゃんへの酸素不足が心配されます。

つまり赤ちゃんが酸欠状態に

陥る危険性を示します。

 

酸欠状態が長引いたり、続いてしまうと

胎児に奇形や脳の障害の恐れもあります。

 

ひどい咳喘息の発作があるような場合は

早く治療をし、ママの体調も万全にしましょう!

 

妊娠初期に咳が続くとお腹に力が入って

下腹部に圧がかかり、流産の心配がされますよね。

咳で流産が引き起こされることは

ほとんどあり得ないので心配はいりませんよ。

 

妊娠初期の流産の原因の多くは胎児側。

染色体異常や成長できない原因があり、

流産という悲しい結果になることがほとんどです。

稽留流産の兆候は?流産しやすい時期がある?自分でできる予防策

 

また咳をし過ぎて「ズキーン」と

下腹部痛があったり、お腹が張るようだと

これも流産しないか心配ですよね。

 

どうしても咳をするときに

お腹に力が入ってしまうため

腹痛やお腹が張りやすくなります。

流産の恐れは低いですが、

早めに咳が治まるように受診しましょう。

 

咳が続くと体力の消耗も激しく、

赤ちゃんの酸素不足も心配されます。

たかが咳と侮らないで、きちんと治療しましょうね。

 

妊娠初期に続く下痢も流産しないか不安です。

妊娠初期に下痢が続く!流産の危険性は?赤ちゃんは大丈夫!?

 まとめ

妊娠初期に咳が長引く場合は

たかが咳と侮らずに早めに治療しましょう!

 

咳で流産する恐れはほぼありません。

しかし、咳によってお腹の赤ちゃんが

酸欠状態になる可能性はあります。

 

酸欠状態が続くと、

赤ちゃんの脳の障害や奇形の原因にもなります。

 

妊娠初期の咳が止まらない原因は

  • 風邪
  • 咳ぜんそく
  • アレルギー
  • 水分不足

といったような原因が考えられます

妊娠中は免疫力も低下しているため

風邪も引きやすいです。

 

薬も服用できないので

ゆっくり休んで治療しましょう。

妊娠初期から妊娠線の予防はしておくべきです。

産後に後悔しないためにもセルフケアをしておきましょう。

先輩ママ・口コミの間で本当に人気の妊娠線予防クリームランキング☆

妊娠しやすくなるためにも、赤ちゃんのためにも、また妊娠中の母体のためにも葉酸はしっかり摂りたい栄養素!

飲まなかったことに後悔するよりも、今からでも葉酸摂取を始めたい、だからこそ葉酸サプリの選び方は大事ですよ。
→後悔しないために!妊娠中の葉酸の役割と葉酸サプリの選び方

 
その他のおすすめ記事

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!おすすめ乳酸菌サプリ


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-妊娠トラブル・からだ, 妊娠初期

Copyright© うれしい楽しい子育て応援隊 , 2018 All Rights Reserved.