妊娠初期

【大丈夫?!】妊娠に気付かずにインフルエンザの予防接種の真相

更新日:

毎年、冬になると猛威をふるう

”インフルエンザ”

流行する前にと、

予防接種を受けたけど・・・

 

その後に妊娠が発覚!

「これって大丈夫?」

と心配になりますよね。

今回は

「妊娠とインフルエンザの予防接種」

についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中のインフルエンザ予防接種は胎児に影響?

kanjida01

妊娠に気付かずに

予防接種を受けてしまった場合

赤ちゃんは大丈夫か心配ですよね?

結論を言えば

インフルエンザのワクチン接種

「胎児に異常が出る確率が高くなる」

というデータは出ていません

安心してくださいね(´ω`*)

インフルエンザのワクチンは

「不活性化ワクチン」

病原性の無い死んでいる

インフルエンザウイルスを、

必要な成分のみを利用して

抗体にするために作られたワクチンです。

 

インフルエンザの予防接種は

妊娠中どの期間でも出来ます。

妊娠初期(妊娠16週)は、

胎児形成期のため

・流産につながるのでは?

・異常を引き起こしてしまうのでは?

という苦情回避のため

予防接種を避けるお医者さんもいます。

 

胎児に影響はないと分かっていても、

あえて不安要素になるようなら

避けましょう。ということなのです。

しかしインフルエンザワクチンを

受けた母親から、胎児の奇形発生率は

増加しなかったと報告されています。

 

胎児の先天性異常を招く原因は

妊娠中における葉酸不足と明らかになっています。

賢いママは手軽に摂れる葉酸サプリで

毎日の必要摂取量をキープしていますよ。

後悔しない葉酸の選び方とベスト3

スポンサーリンク

妊活中・妊娠中はインフルエンザ予防接種を推奨されるワケ

妊娠を希望している人こそ、

インフルエンザ予防接種を

受けた方がいいでしょう!

 

インフルエンザ抗体は、

ワクチンの予防接種から

約2~4週間かけて体の中で作られます。

 

念願かなって妊娠したころ、

インフルエンザが流行しても大丈夫。

もしも感染しても重症化すること

防ぐことが出来るからです。

 

インフルエンザ以外にも

妊娠中にかかると危険な感染症があります!

気をつけましょう♪

【要注意】妊娠したら気をつけたい10の代表的な感染症

また妊娠中でもインフルエンザの

予防接種は有益性があると推奨されています。

例えば厚生労働省では、

妊娠されている方が新型インフルエンザにり患した場合に、重症化するリス クが高いという報告があり、WHO(世界保健機関)でも妊娠している方をワクチン接種の優先対 象としていることなどから、日本でも妊娠されている方々を優先接種の対象としています。

引用:http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu091028-01.pdf

また日本産婦人科学会でも

ワクチンを受けることによる利益と損失(副作用など)を考えた場合、利益のほうがはるかに大きいと世界保健機構(WHO)も考えており、妊婦に対する新型インフルエンザワクチン接種を推奨しています。

引用:http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20090928a.html

というように、

インフルエンザに感染するよりも

インフルエンザワクチンを接種の

利益がはるかに大きいと推奨しています。

 

しかも妊娠中にワクチンを受けると

出生した赤ちゃんも数ヶ月間

インフルエンザになりにくい

と、証明されているんですよ!

 

赤ちゃんの腸内細菌もママが決めてしまいます!

妊娠中から善玉菌摂取は大切です。

便秘だけじゃない!善玉菌を増やして腸内環境を整える役割

妊娠中のインフルエンザ感染は胎児に心配

ウイルス3

妊娠中のインフルエンザ感染は

重症化しやすいです。

 

なぜなら

  • 免疫力が落ちている
  • 体力が減っている
  • 心肺機能が低下している
  • 感染してもインフルエンザ薬を使えない

などのような理由です。

呼吸器・循環器に負担がかかり

肺炎を伴ったりもします。

治るまでに時間も体力も使ってしまいます

そして妊娠中期から後期に

インフルエンザに感染すると、

入院治療が必要になる割合が

なんと5倍以上という報告があるので

注意してくださいね。

さらに妊娠中にインフルエンザに

感染すると胎児にも影響がある

という疑いがあります。

 

アメリカの追跡調査によりますが

妊娠中(特に妊娠中期~後期)に

インフルエンザ感染した母親から生まれた子供は、

感染しなかった母親から生まれた子供と比較して

 

双極性障害になるリスクが約4倍になる

という結果が出ているのです。

 

双極性障害とは、

「躁うつ病」とも呼ばれます。

そして同じく精神疾患の

「統合失調症」

このリスクも向上するといわれています。

 

妊娠初期におけるインフルエンザの感染は、

統合失調症の発症リスクが3倍になる

という結果が出ています。

どちらもインフルエンザ感染が

必ず発症を引き起こす、

また疾患原因の100%が

インフルエンザ感染、

という訳ではありません。

ご注意くださいね。

”リスクが向上する”ということを知っておきましょう。

このようなリスクを考えた上で、

妊活中の方、妊娠中の方も

インフルエンザ予防接種は

受けておいた方が良いと思います。

妊娠中にインフルエンザ予防接種の受ける時期

インフルエンザのワクチン効果が

あらわれるには約2~4週間必要です。

そのため10月下旬~11月頃には

予防接種を受けておきたいものです。

 

まずはかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

もし産婦人科で予防接種を行っていないときは

お住まいの市町村で予防接種を行っている

医療機関に問い合わせてみましょう。

 

インフルエンザの予防接種は

どの妊娠時期でも可能です。

ただ食物アレルギー(特に卵アレルギー)

お持ちの方は注意が必要です!

 

インフルエンザワクチンは鶏卵を

原料に作られているからです。

 

必ず医師とよく相談のうえ

インフルエンザ予防接種を受けるべきか

受けないべきか考えましょう。

まとめ

妊娠初期は

胎児を形成する大事な時期。

胎児に形成に必須「葉酸の力」

 

そこで妊娠を知らずに、

インフルエンザ予防接種を受けていても

胎児に影響はあることは、

ほとんどありません!

 

妊娠中のインフルエンザ予防接種は

妊娠初期は避けるお医者さんもいますが、

胎児やその後の妊娠に影響がある

という報告はありません。

しかし妊娠中、

インフルエンザに感染したことで

胎児のその後の精神疾患のリスクは向上します。

妊娠中はインフルエンザに感染すると

重症化しやすいことも考えると

予防接種を受けることをおススメします。

そして正しい手洗いで妊娠中の感染症に気をつけましょう

正しい手洗いが感染症にかからないための1番の方法

インフルエンザは感染力がとても強いです。

自分だけ予防していても意味はありません。

家族が感染してしまったら、

うつされる可能性はとても高いでしょう。

家族みんなでインフルエンザ予防接種を

受けておくことが賢明ですよ。

 

妊娠中の運転はダメ、大丈夫?

振動が与える影響は?

妊娠中の運転はダメ?長時間のドライブや振動は?6つの注意事項

                           
スポンサーリンク

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-妊娠初期

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.