妊娠トラブル・胎児

稽留流産の兆候は?流産しやすい時期がある?自分でできる予防策

更新日:

お腹の赤ちゃんが亡くなってしまう。

そんな体験、誰だってしたくないですよね。

 

妊娠初期の流産「稽留流産」

流産の80%もの割合という多さ。

 

自分で予防できるものなら

出来る対策をしておきたいですよね。

 

稽留流産の兆候や

流産の起きやすい時期、

そんな稽留流産を予防できるのかご紹介します。

スポンサーリンク

 

稽留流産に兆候はある?

稽留流産とは、妊娠初期の12週未満

お腹の中で胎児が亡くなってしまうこと。

 

妊婦さんとしては、お腹の中で

胎児が亡くなってしまうわけですから

何かしろ兆候があれば敏感に感じ取りたい

ものですよね。

 

よく流産というと

  • 腹痛
  • 不正出血
  • つわりがなくなる

というような何かいつもと

違うものを感じたりすることが

あるといいます。

【不安】妊娠初期の腹痛や胸の張りが無くなった?流産の心配について

 

しかし稽留流産の場合

多くの人が兆候を感じずに

自覚症状もなしに起こって

しまうことがほとんどです。

 

もちろん中には

つわりが無くなって気になった、

ひどい腹痛に襲われた、

という症状後にエコー検査で

胎児の死亡を確認された方もいます。

 

また胎児の心臓は止まっていても

胎盤が子宮に残っているため

つわりが継続されることもあります。

 

妊娠検診でのエコー検査で

初めて気付くという悲しい出来事も

実際多くあるのです。

 

稽留流産の原因は

  • 受精卵の染色体異常
  • 細胞分裂中の未発育
  • 胎盤の状態が良くなかった

といった胎児が育ちにくい環境で

あったとされます。

 

自覚症状もなく大事な赤ちゃんと

お別れするのはツライですよね。

流産の起こりやすい時期

流産の確率というのは、

健常な20代の女性でも10~20%、

40代になると30%以上といわれています。

 

およそ5回に1回は起きるものなので

流産してしまうことは稀なわけではないのです。

 

流産でも妊娠初期に起きる稽留流産は、

早期流産の80%を占めるほど多く

特に妊娠6~7週頃に起きやすいです。

 

流産というと自分に非があったように

自身を責めてしまうママも多いのですが

妊娠初期の流産は多くが胎児側の原因。

育つ力が不足していた、と捉え

あまり気に病まないことが大切です。

【妊娠初期】嬉しいけど不安、流産の不安の乗り越えかた

スポンサーリンク

自分で出来る稽留流産の予防策

baby

稽留流産を防ぐために

自分で出来ること、

それは

「子宮組織の代謝を良くし、良い胎盤を作る」

こと。

 

血行を良くし、良質な血液をつくることが

とても重要なのです。

①冷えを除く

体を冷やすことは血行不良を招きます。

とくに現代の女性は冷えに

悩まされる人も多いでしょう。

 

体の外側からは、

「靴下」「腹巻き」「ストール」

などを使用し、冷えを解消します。

 

体の内側から冷えの改善には

基本は食事からがベスト。

「野菜料理」「しょうがなどの香辛料」

「温まる食べ物」などで症状を緩和します。

 

また適度な運動も冷えの解消になります。

妊娠中の運動効果がスゴイ!赤ちゃんにもママにも良い10の効果

②ストレスを除く

働く女性も増え、

ストレスを多く感じている人も

多いことでしょう。

 

ストレスで常に緊張していると

血流も悪くなり、冷え体質でなかったのに

変わってしまうこともあります。

 

趣味や好きな音楽など

好きな事をしてストレスを解消する方法

見つけることが大切です。

③運動不足を解消

毎日の忙しさで運動不足ではありませんか?

運動不足では血行も悪くなります。

 

できれば妊娠前からウォーキングや

体操など軽くでも体を動かすように

しましょう。

適度な運動は妊娠しやすい体にもなり

稽留流産の予防にもつながります。

 

妊娠中に出来る運動は?

【妊娠中の運動】ウォーキング以外でお金をかけないならコレでしょ!

④葉酸を摂取

良い胎盤を作るには良質な血液が必須!

 

血液は胎盤の形成だけでなく、

・胎児の成長

・悪性貧血の予防

・良質な母乳の形成

と、妊娠中はとくに血液を必要とし

また、良質なことが重要です。

 

そのためにも妊娠したいと思ったら

「葉酸」を摂取することをおススメします。

 

良質な血液をつくるためには

葉酸とビタミンB12が必要だからです。

 

葉酸は食事で摂取することも出来ますが

なかなか必要量を摂取できず、

また体内で貯蔵されることが出来ません。

 

そのためにも安全で高品質な

葉酸サプリメントからの摂取を

毎日継続して摂ること

1番手軽で確実ですよ。

後悔しない葉酸サプリ選び方

まとめ

稽留流産は妊娠初期の流産で

本人に兆候を感じられず

起きてしまうことがほとんどです。

 

そのためにも予防法として

「子宮組織の代謝を良くし、良い胎盤をつくる」

ことがとても大事。

 

それには

  • 冷えを改善
  • ストレスを改善
  • 運動不足を解消
  • 葉酸を摂取する

ということで妊娠しやすい体を

つくりましょう!

良質な血液をつくることは

健康な子宮組織を形成するもとですよ♪

葉酸は妊娠前から必要な栄養素

                           
スポンサーリンク

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-妊娠トラブル・胎児

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.