妊娠トラブル・からだ 妊娠初期

妊娠初期に下痢や下腹部痛!流産の危険性は?注意したい症状と対策法

更新日:

妊娠初期はホルモンバランスの

変化でさまざまな体調変化があらわれます。

 

その一つ[下痢]

下痢も多くの妊婦さんを

悩ませる不快な症状。

 

あまり長く下痢が続くと

お腹の赤ちゃんに影響しそうで

気になるところです。

下痢とともに腹痛もあると

心配が増してしまいます!

 

今回は

下痢は流産を引き起こすのか、

注意したい下腹部痛の症状、

妊娠初期の下痢の対策法

をまとめてみました。

妊娠初期の下痢は流産を引き起こす?

自然流産の発生は、

妊婦さん6~7人に1人の割合と

とても高いもの。

 

その中に下痢が原因で流産となった

という可能性はほとんどありません。

「妊娠初期の下痢で流産を引き起こす」

というのはまったくの迷信。

安心してくださいね。

 

下痢で腸が弱ることで赤ちゃんのいる

子宮収縮が起こるとかはあり得ません。

 

妊娠初期は特にデリケートな時期なので

プレママが心配しすぎてしまうのももっともです。

しかし全く赤ちゃんに影響しないのか?

というと、そうでない場合もあるので

ご注意ください!

下痢が赤ちゃんに影響する場合

妊娠初期に下痢になる原因は

大半がホルモンバランスの影響。

詳しくはこちらに

【妊娠初期の下痢】原因は?いつまでの期間続くの?!

 

また妊娠初期に葉酸サプリを

摂取すると下痢になるという噂も

ありますが、葉酸には下痢作用はなく

もしかしたら過剰摂取して起こったのかもしれません。

葉酸サプリで下痢?後悔しない選び方

 

しかし下痢が長引くと

  • 脱水症状
  • 栄養不足

といった母体からの影響

赤ちゃんが受けるので注意が必要!

 

またホルモンバランスによる下痢

ではなく、食中毒・胃腸炎といった

ウイルス・細菌に感染した

下痢の場合も注意が必要です。

 

ひどい下痢とともに嘔吐・腹痛・発熱

といった症状がある場合は

必ず病院にて治療しましょう。

 

場合によっては下痢、下腹部痛、不正出血

伴う症状では切迫流産の危険性もあります。

自己診断せず、病院にて指示を仰ぎましょう。

 

ホルモンの影響での下痢は

つわりと同様、「いつ終わるのか」

という予測は立てられません。

 

数日でも下痢が続くようなら

症状を抑えられるよう対策をたてたいですね。

 

下痢以外にも妊娠したら始まる「つわり」

いつからいつまでつわりがあるのか知っていますか?

【妊娠初期】つわりは早い人ならいつから始まる?いつまで?見分け方

スポンサーリンク

こんな症状には注意!気をつけたい腹痛の状態

よく妊娠初期には足の付け根から

お腹を引っ張られるような

張りを感じることがありますが、

痛みを伴わなければ問題はほとんどありません。

妊娠初期の仰向けはダメ?お腹が張る原因や行動は?緩和させる方法

 

これは子宮が赤ちゃんを受け入れる体制を

作っている体の変化でもあります。

 

下痢が主たる原因で流産を引き起こす

ということは、起きにくいことですが

下痢に腹痛を伴うとき、

痛みを強く感じる、出血がある場合

そしてこんなときは注意が必要です!

  1. 痛みが強い腹痛
  2. ギューッと締め付けられる腹痛
  3. 継続する痛みの腹痛
  4. ズキズキと下腹部に強い痛みを感じる腹痛

下痢と一緒に腹痛や下腹部痛を強く感じる、

痛みが徐々に強くなっていくようなときは

流産の可能性も否定できないため

早めに医師の診察を受けましょう。

妊娠中の下痢の対策方法

geri04

妊娠初期からあらわれる下痢。

2~3日で終わる妊婦さんもいれば

数週間と続いてしまう妊婦さんも。

 

たかが下痢といえど、つらいもの。

対策次第で改善をみられるので

実践してみてください。

①水分摂取を怠らない

とくに妊娠中は赤ちゃんに必要となるため

通常よりも水分を多く必要とします。

 

水分摂取してしまうと余計に

下痢を悪化させてしまいそうで・・・

と水分補給を怠ると、「脱水症状」

なってしまう可能性もあります。

 

冷たい飲み物でなく、温かい飲み物か

常温のものでお腹を冷やさないようにしましょう。

 

りんごのペクチンは腸で便の水分を

吸収してくれる働きがあります

そのままでもすりおろして飲むのでも効果的です。

②消化の悪いものを食べない

下痢をしているときは

”辛いもの””脂っこいもの””生もの”

といった消化の悪いものは避けましょう!

 

すでに胃腸は疲れきっているので

消化の良い食べ物で助けてあげてくださいね。

また1回にたくさん食べずに

少量で小分けにして食べるのも効果的です。

 

よく噛むことも忘れずに☆

 

妊娠中は下痢や便秘に多くの人が悩まされます。

腸内環境を整えて改善するのも大切です。

なによりお腹の赤ちゃんの腸内環境も

ママから受け継がれるのですよ!

善玉菌を増やして腸内環境レベルアップ!乳酸菌サプリで手軽に摂取☆

③お腹を冷やさない

なんといっても大事なのはコレ!!

「お腹周りを冷やさない」

 

お腹を冷やすと血液循環も悪くなり

全身の冷えにもつながり

体調不良の原因ともなります。

 

お腹の冷えに効果的なのはやっぱりコレ☆

「腹巻」

薄手でもしっかり温まるタイプもあるので

1枚用意しておくと重宝します。

冷えこそが流産を招く危険もあるので

しっかり冷え対策をしておきましょうね。

まとめ

妊娠初期に下痢になるのは

よくあることです。

直接的には流産の影響はありません。

 

あまり心配しすぎてストレスになると

その方が悪影響をもたらしかねません。

心配しすぎる前に病院で相談して

不安を解消しましょう☆

 

とはいえ、下痢が長期化するのは

母体にも胎児にも良くはありません。

対策方法で改善を目指しましょう♪

 

対策方法は

  1. 水分摂取を怠らない
  2. 消化の悪いものを食べない
  3. お腹を冷やさない

この3つ。

下痢で危険なのは「脱水症状」

こまめに温かい、または常温の飲み物を

ゆっくり摂るようにしましょう。

 

胃腸が弱っているので、消化吸収の

良いものを食べるようにします。

 

そしてなんといっても

お腹を冷やさないように

気をつけてくださいね!

 

妊娠したら「葉酸」は気にして摂取したい栄養素。

毎日確実に摂取するには「葉酸サプリ」が賢いママの選択です。

後悔しない葉酸サプリの選び方!大切なのは葉酸+α

                           
スポンサーリンク

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-妊娠トラブル・からだ, 妊娠初期

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.