妊娠トラブル・からだ 妊娠食生活

妊娠中に水が飲みたくない!?飲めない?水分補給の対策法

投稿日:

妊娠中は味覚も変わり、

嗅覚も敏感になるので

食べ物や飲み物の好みが変わる

そんなプレママは多いです。

 

特に普段は大丈夫だった水が

妊娠を機に飲めなくなる、

飲みたくなくなる。

 

また他にも飲めていたものが

飲めずに水分補給を

上手に出来なくなると

危険な状態にも陥ることも

あるので要注意です!

 

今回は

妊娠中の水分不足による危険性、

水分補給のための対策法をご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ妊娠中はいつも以上に水分を必要とするか?

妊娠中はたくさん水分を摂るべき、

とざっくりと聞きかじった事は

あるかもしれませんね。

 

人体の約60~65%は水分で出来ています

体が健康に潤滑に動くために

水分はとても大切なのですが、

妊娠中は通常よりも多くの水分を必要とします。

 

妊娠中は通常の約1.5~2倍の水分が必要です。

1日におよそ1.5~2Lの

水分補給が目安となります。

これは食べ物からの水分量も

含めますからね。

 

なぜこんなにも多くの水分を

必要とするのか、それには自分自身、

赤ちゃんへのこんな役割があるからです。

  1. 血液の流れを良くする(赤ちゃんに届ける血液量が増える)
  2. さらさら血液を赤ちゃんに届ける(赤ちゃんに酸素や栄養が届きやすくなる)
  3. 羊水のため
  4. 妊娠中は代謝が良くなり汗をかきやすい
  5. 便通が良くなる

妊娠初期から水分摂取を十分にし

意識して水分補給をしていくことが

とても大切なんです!

 

そしてなんと胎児の90%は

水分で占められています。

自分の体のためだけでなく

大切な赤ちゃんが子宮で健やかに

育つことに水分はとても重要なのです。

妊娠中の水分不足の危険性

妊娠中に大切な水分ですが

もしも水分不足になると

さまざま影響を与えてしまい、

赤ちゃんを危険な状態にして

しまう可能性もあります。

①血液循環が悪くなる

妊娠時でなくても水分不足は、

血液をドロドロにし粘度を高め

血液を凝固させやすい状態になります。

 

妊娠中の血液循環が良好でないと

赤ちゃんに栄養や酸素を送るための

ライフラインを滞らせてしまうため

赤ちゃんの発育状態をも左右してしまいます。

 

軽い運動+水分補給でドロドロ血液から

サラサラ血液にしていきたいですね。

妊娠中に家でも出来る運動って何?

②羊水不足になる

通常の羊水量は、赤ちゃんが羊水を

飲む量と排泄する(おしっこ)量で

バランスが取られます。

 

羊水が少ない「羊水過少症」の場合

一般的には胎児側に原因があると

いわれますが、まれに妊娠中の

水分不足が原因となることもあります。

 

水分を摂れば羊水になるという

安直なことではありませんが

血液の循環量が増え、臍帯血流を

増やし羊水増加を見込めると考えられます。

羊水過小症とは?その原因

③便秘になる

妊娠中のホルモンバランスの変化、

つわりによって食事が取れない

バランスが悪くなる、

運動不足などさまざま原因で

妊娠中は便秘になりがちです。

 

そこに水分不足が重なると

腸の便も固くなり、滞りやすくなります。

 

妊娠中こそ水分補給と腸内環境の改善!

ママの腸内環境は、そのまま赤ちゃんに

移行します。

赤ちゃんのためにも常に善玉菌を摂りましょう♪

妊娠中も産後の授乳中にも摂れる乳酸菌!

④脱水症状になる

脱水症状は自覚無く忍び寄ってきます。

自分では十分に水分を摂って

いるつもりでも、妊娠中のあなたには

足りないこともよくあります。

 

初期症状ではめまいやふらつき、

さらに症状が進むと激しい頭痛や悪心

嘔吐を催すこともあります。

また尿の出も少なくなり、

口も非常に乾き、唾液も出にくくなります。

 

重症になると意識障害を起こし

失神を起こすこともあるので

自身もお腹の赤ちゃんにも危険です。

スポンサーリンク

 妊娠中の水分補給の対策法

つわりがひどい人なんかは

水を飲むだけでも大変つらいことが

ありますよね。

しかし妊娠中の水分不足はとても危険です。

 

少しずつでも口に出来るものを

探し出すための対策法をご紹介します。

①水以外の水分を試す

まず水以外の水分を摂れるか

試してみてください。

炭酸水、100%果汁のジュース、

お茶類、白湯など少しずつでも

口に出来るようならしめたものです。

 

私のつわり中は紅茶しか飲めない時も

ありました。しかし気をつけないと

いけないのが「カフェイン」

そして「糖分」や「塩分」の含有量です。

 

妊娠中はカフェインや糖分、塩分の

摂り過ぎは赤ちゃんにも影響し、

むくみ、妊娠高血圧症候群など

悪影響を引き起こすので気をつけましょう!

 

赤ちゃんに大切な葉酸、

鉄分、ビタミン、ミネラル。

妊娠中の必要な栄養素を

しっかり摂取してくださいね。

妊娠中に大切な葉酸とは?鉄分も摂れる妊婦さん人気NO1葉酸サプリ

②氷を食べる

水を飲むと吐き気はするけど

氷なら大丈夫、という人も多いです。

 

氷で口の中が冷たくスーッとして

吐き気が治まるようです。

またカキ氷にして水分を摂ることも

おすすめです。

 

ただ氷やカキ氷の食べ過ぎは

糖分の過剰摂取や体を冷やす原因です。

また異常に氷ばかり食べたくなるのも

「氷食症(ひょうしょくしょう)」という

病気の可能性もあります。

 

妊娠中に体を冷やすことは

良くありませんからね。

③水分の多い食べ物

水分を摂るというと液体でないと

いけないと思い込んでしまいますが

食品から水分補給をしてもOKです。

 

たとえば「トマト」

つわり中にも人気のある野菜ですが

トマトは90~94%もの水分含有量です。

妊娠中にトマトを食べるメリットと注意事項

 

また、すいかやグレープフルーツ

みかんなどのフルーツでもイイでしょう。

無理して水を飲むのではなく

食べられるものから水分補給するのも

とてもおすすめですよ☆

倒れる前に医師に要相談!

水分や食事がちゃんと摂れなく

尿の回数が減った、口が渇く、

そんなときは必ず

主治医に相談しましょう!

 

妊娠中のつわりがひどいとき、

脱水症状や栄養障害が起きやすく

ケトン体が排出されます。

 

ケトン体が出るということは

体からSOSが出ている証拠。

母体も胎児にも危険な状態です。

至急の点滴による水分補給、

栄養補給が必要となります。

 

無理して倒れる前に専門医に

不安を和らげてもらうことも大切ですよ。

 まとめ

妊娠中は通常の1.5~2倍の

水分補給が必要です。

 

血液の循環を良くし、

お腹の赤ちゃんへ酸素や

栄養を運ぶ大切な役割です。

 

妊娠中、水分不足になると

血液の循環が悪くなることや

便秘、また脱水症状という

危険な状態にもなるので注意が必要です。

 

水分を摂らなきゃ、と一気に

飲めるものを飲むのではなく、

1日に必要な分を1日かけて

少しずつ体に補給してあげましょう☆

                           
スポンサーリンク

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-妊娠トラブル・からだ, 妊娠食生活

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.