妊娠トラブル・からだ 妊娠生活

妊娠中のカンジダ再発防止には乳酸菌?!菌を増やす食品と抑える食品

更新日:

妊娠中のカンジダ膣炎感染率

とても高いものです。

 

でもカンジダ膣炎って

デリケートな部分だけに

人になかなか相談しにくいですよね。

検診中に診断されるプレママも多いです。

 

さらに何度も再発しやすい感染症なので

悩んでいる女性は多くいます。

 

それは実はカンジダ菌を増やす食品があるから!

どんな食べ物がカンジダ菌を増殖させるのか?

またカンジダ菌に効果のあるものもあります。

それが「乳酸菌」

菌には菌で対抗!

 

今回は、

カンジダ膣炎はなぜ妊娠中になりやすいのか?

カンジダ菌が好む食品、

乳酸菌がカンジダになぜ効くのか?

をご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ妊娠中はカンジダになりやすい?

妊婦さんの3人に1人はカンジダ膣炎に

感染したことがあるというほど

妊娠中はカンジダ膣炎になりやすいです。

 

でもなぜ妊娠中に多いのでしょう?

妊娠することで起こる体の変化が

カンジダ菌に増える原因を作ってしまうからです。

 

まず第1に

「ホルモンの分泌変化」

妊娠し、ホルモンの分泌バランスが崩れ

膣内が酸性からアルカリ性に変わります。

膣内の環境が崩れ、カンジダ菌も

増殖しやすい環境になります。

 

そして

「体温が高くなり汗をかきやすい」

「つわり・風邪等で体力が落ちてしまう」

「妊娠中はおりものが増加」

といった妊娠中の体の変化が

カンジダ菌を膣内で増殖させやすい

環境にさせてしまっているのです。

 

決して不潔にしていたからカンジダ菌が

増殖したわけではありませんよ。

 

→他にも妊娠中にかかりたくない感染症はこちら

カンジダ膣炎の症状

カンジダ膣炎に感染すると

  • おりものの過剰分泌
  • 白いヨーグルト状やポロポロしたおりもの
  • 外陰部にかゆみを感じる
  • 外陰部が腫れる

というような症状があります。

 

早期のカンジダ膣炎は、

かゆみや腫れといった外部症状が少なく

おりものの微妙な変化から始まります。

 

発見しにくいのですが、

症状が悪化するとひどい陰部のかゆみも出てきて

下着が擦れるだけでもストレス!

デリケート部分なだけに悩みが増します。

 

とはいえ妊娠中、適応する体の変化を

止めるわけにはいかないですし

症状に気付いたら、ひどくなる前に

早めに産婦人科にて診断してもらう事がベストです。

スポンサーリンク

カンジダ膣炎は再発しやすい!

kanjida02

カンジダ膣炎を治療するには

膣錠を入れ、カンジダ菌の増殖を抑え

軟膏でかゆみや腫れを良くし、

また膣内の洗浄もする。

1週間~数週間におよぶ治療です。

 

管理人も1度カンジダ膣炎になっていますが

治療は簡単なものの、なかなかめんどい。

仕事や育児で忙しかったり

少し症状が良くなると

治療を止めてしまう人も多いのですが

カンジダ菌はおとなしく姿を潜めているだけです。

 

やっと治った~♪

と思っても風邪を引いた、

ストレスがかさんだ、

というきっかけで簡単に再発します!

 

かゆみの症状が出なくても

おりものの状態で、またカンジダ?!

ということがありました。

 

もちろん治療によって

しっかり治すことも大切ですが、

実は日頃の生活によって

カンジダ菌の増殖をコントロールすることも

大切なんです!

 

さらにカンジダ菌が増殖しやすい

「食べ物」もあるんですよ!

カンジダ菌に良くない食べ物

カンジダ菌は膣以外の場所でも増え

またカンジダ菌が好んでエサとなる食べ物もあります。

 

とくに

「甘いもの」

「炭水化物」

「イーストを使っているもの」

「グルテン」

というものは、カンジダ菌が大好きなエサ!

 

カンジダ症感染の原因の根本は

「体力や免疫力の低下」

なんですが、そこへエサが投入されれば

一気にカンジダ菌は増殖してしまいます。

 

甘いものや炭水化物など

カンジダ菌が好むものを食べるのを止め

よく寝て、清潔に保ち、ストレスフリーの

規則正しい生活をすれば、

カンジダ膣炎を予防できますよ!

 

なんて言っても無理ですよね↑コレ^^;

妊娠中は不眠で悩む妊婦さんも多いです。

妊娠後期の眠れない原因と対処法

なかなか規則正しくも出来なかったり

ストレスも多いでしょう。

 

カンジダ菌が好む食べ物があるのなら

カンジダ菌に効果のある食べ物もあるのでは?

と考えたあなた!

するどい♪

それが「乳酸菌」です☆

カンジダ菌を乳酸菌で抑える

健康な人の膣には”デーデルライン桿菌(かんきん)”

という善玉菌が存在します。

膣内を酸性に保ち細菌感染を予防して

膣や子宮を守る働きがあります。

 

これを膣の自浄作用というのですが

妊娠中はホルモン分泌のバランスが崩れ、

抵抗力も弱くなりデーデルライン桿菌の

働きが弱くなり、自浄作用が上手く機能せず

カンジダ菌のような悪玉菌が侵入し

膣炎を起こします。

 

ではデーデルライン桿菌をどうやって増やすか?

それは「乳酸菌を摂取!」なんです。

 

デーデルライン桿菌は乳酸菌の一種。

乳酸菌を摂取することで善玉菌を増やし

膣内のデーデルライン桿菌も増やすことができます!

 

乳酸菌といえばヨーグルトですよね。

でも食品からの乳酸菌は胃酸に弱く

腸にたどり着くまでに死んでしまいます。

 

また仮に乳酸菌が腸にまで届くヨーグルトでも

デーデルライン桿菌を増やすために食べる量は

カロリーもお金もかかり過ぎてしまいます。

妊娠中に余計なカロリーは困りますよね。

 

コスパや継続性を考えると

サプリメントでの乳酸菌摂取がおススメですよ!

乳酸菌を摂る理由!善玉菌は赤ちゃんにも影響する

まとめ

妊娠中はホルモンバランスの変化で

カンジダ膣炎に感染しやすいです。

 

感染すると

  • おりものの量が増える
  • おりものが白い、カッテージチーズのよう
  • 外陰部が腫れる、かゆい

といった症状があらわれます。

ひどくなると我慢できないかゆみに襲われることも

あるので、早期に治療したほうが良いですよ。

 

また妊娠中は抵抗力も低く

カンジダ膣炎の再発もしやすいです。

 

カンジダ菌は

  • 甘いもの
  • 炭水化物
  • イースト食品
  • グルテン

といったものが好物で増殖の原因です。

なるべく控えた食事内容にしましょう。

 

膣の自浄作用を正常に保つためにも

乳酸菌を摂りましょう!

膣内の善玉菌であるデーデルライン桿菌は

乳酸菌の一種です。

 

腸にまで届く乳酸菌を摂取して

デーデルライン桿菌を増やし、

カンジダ菌をやっつけましょう!

 

妊娠中に摂取したい栄養素といえば

「葉酸」

胎児の先天性異常の低下から

母乳の質の向上まで

妊娠中から産後まで必要な栄養素です!

後悔しない葉酸サプリの選び方

                           
スポンサーリンク

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-妊娠トラブル・からだ, 妊娠生活

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.