妊娠中から脇が真っ黒?!産後に黒ずみは治せる?原因とケア方法について - うれしい楽しい子育て応援隊

妊娠トラブル・からだ

妊娠中から脇が真っ黒?!産後に黒ずみは治せる?原因とケア方法について

投稿日:

妊娠中の身体の変化はさまざまですが、脇のマイナートラブルに悩まされる方も多いです。ふと鏡で見てみたら、「脇が真っ黒!!??」とビックリなことも。

 

実は妊娠中から脇の下が黒ずんでしまうのは良くあることなのですが、これって産後にはキレイに治るのか?心配ですよね。

今回は妊娠中に脇の下が黒ずむ原因やノースリーブを着るためのケア対策をご紹介します!

脇だけ?妊娠すると黒ずんでしまう場所とその原因

妊娠をすると赤ちゃんの成長を守るために、いろいろな体の変化をもたらします。しかし残念ながら良い変化だけでなく、脇の下が黒ずむというような、少し人には相談しにくいデリケートな悩みももたらしてしまいます。

 

妊娠後に黒ずむ場所は【脇】だけではありません!他にも

  • 乳輪
  • 乳首
  • 足の付け根
  • Oライン
  • Vライン
  • Iライン

とデリケートゾーンを中心に黒くなったり、黒い線のようになってしまうのです。

お腹の中心に縦線が入ってしまう正中線も黒ずみなんですよ。

 

私も臨月のとき、鏡の前でふと腕を上げたときに見えた脇の下にビックリ!!「え? 何この黒さ??汚い・・・」と落ち込んでしまったことを覚えています。でもなぜ脇や足の付け根、乳首など身体のあちこちが黒ずんでしまうのでしょう。こんな原因があったのです!

①色素沈着が起きやすい

妊娠によって「エストロゲン」「プロゲステロン」というホルモンが多く分泌されるようになります。妊娠継続ために大切なホルモンですが、メラニン色素を増加・活性化させる役割も持っております。メラニンとは皮膚において黒色の色素の総称です。みなさんの大嫌いな【シミ】これもメラニンが肌に滞留したものですよ!

 

つまり妊娠中はホルモンによってメラニン色素が活発になり肌に色素が溜まりやすい上、こすったり掻いたりすると黒ずみになりやすい状態にあります。そして妊娠中に日焼けしやすい理由もこのホルモンが関わってくるのです。

 

しかもメラニン色素が多い部分というのが脇・乳首・乳輪・デリケートゾーンなため、より黒ずみが目立って起こりやすいのです。

 

妊娠後期は眠気の悩みが襲ってきます、原因はこちらに。

>>>【妊娠後期】寝ても寝ても眠い?!その原因とおすすめの対処法

②皮膚のターンオーバーが弱まる

妊娠中はホルモンバランスが変わり、シミが出来やすく肌荒れにもなりやすい環境です。さらにストレス・睡眠不足といった影響で【肌のターンオーバー】を鈍くし乱してしまうことで、より肌が黒ずむ原因の一つとなります。

 

通常およそ28日間かけて肌をきれいな状態に生まれ変わらせるのがターンオーバーですが、妊娠中はターンオーバーの力が弱まること、また年齢を重ねるとターンオーバーの日数も増えてしまうことも重なり、より肌が黒ずんだ状態でとどまってしまうのですね。

 

妊娠後期にチクチクズキズキと痛みがある。これって大丈夫?

>>>妊娠後期に腹痛、下腹部痛「チクチク・ズキズキ」は出産兆候?

スポンサーリンク

脇の黒ずみは産後に解消される!?

妊娠中になってしまった「脇の黒ずみ」、もしかして産後もこのままだったら・・・ と思うとツライですよね。

 

安心してください!産後には少しずつ黒ずみが薄くなっていきますよ。

とはいえ、個人差があるため1週間後・1ヵ月後・半年後、はっきりといつとは確定できませんが、産後にホルモンバランスが整い乱れたターンオーバーが回復することで、肌も生まれ変わり黒ずみも薄く目立たなくなっていきます。あまり気にし過ぎてもよくありませんからね。

30代女性
妊娠中期から脇が黒くなっていることに気付きました。気にはなっていましたが、出産と生まれたばかりの赤ちゃんのお世話にバタバタとしてしまい頭から抜け落ちていました。

半年過ぎたぐらいに、気が付いたときにはかなり目立たなくなっていたのでホッとしましたよ。

スポンサーリンク

脇の黒ずみケア方法!自宅で簡単に出来る3つのポイント

産後になれば自然と黒ずみが薄くなっていくのですが、妊娠中から脇や他の部分の黒ずみケアをしておくことで改善への近道にもなります!

また黒ずみだけでなく日焼けやシミといったトラブル防止にもなるので、ぜひ以下のポイントを押さえておきましょう☆

①ビタミンCとビタミンEを摂取!

お肌に良い栄養素の代表といえば「ビタミン」ですが、その中でも【ビタミンC】と【ビタミンE】を積極的に摂りましょう!

 

ビタミンCはメラニンを作らせないように働きかけるため、色素沈着を予防するのに効果的と考えられています。

 

またビタミンCは肌の炎症やダメージ回復にも役立つため、シミやソバカスの予防と改善にも期待ができます。実際に多くの美白ケア化粧品にはビタミンCが含まれるのも、これらの効果を狙ったことですよね。肌のダメージを回復させることでターンオーバーの改善にも役立ちますよ!

 

そしてビタミンEは抗酸化作用や血流を良くし、肌の新陳代謝の改善効果にも期待ができます。肌の新陳代謝を促すことで、とどまってしまった色素の層を入れ替えてあげましょう!

 

毎日の食生活からビタミンCやビタミンEを摂り入れたいというときには、

  • ビタミンC・・・赤ピーマン、芽キャベツ、トマト、アセロラなど
  • ビタミンE・・・ピーナッツ、アーモンド、かぼちゃ、モロヘイヤ、ほうれん草、さつまいもなど

いろいろな食品からビタミンCやビタミンEを含む食材を食卓にあげたいですね。

 

毎日の食事をバランス良く考えるのが苦痛・・・

妊婦さんに人気の葉酸サプリは「不足しがちな栄養素をまとめた葉酸サプリ」です!

>>>後悔しないために!葉酸サプリの選び方と人気の葉酸サプリ

②刺激を与えない

黒ずみしやすい場所はお肌でもデリケートな部分が多いです。刺激を与えないことが大切!

 

例えば脇の下なら、ゴシゴシ洗わない・ムダ毛の処理には毛抜きや刺激の強い電動毛抜き、カミソリなど肌に負担のかかる脱毛処理は止めておきましょう。

 

他の部位でも刺激になるような洗い方は止め、やわらかい泡で優しく洗いましょう。ボディタオルやボディブラシも柔らかい材質を選んであげるといいですね。

③保湿をする

黒ずみしやすい部分はデリケートなため乾燥がちでもあります。え? 脇の下も、と思われますが実はとても乾燥がちな部分です。乾燥を放っておいてしまうと、メラニン色素がたまりやすくなり黒ずみを悪化させてしまいます。

 

乾燥させないためにも【保湿】はとても大切です!しかも保湿は肌のターンオーバーを促し、溜まったメラニン色素を排出するよう働きかけるため黒ずみ改善にはマストケアなのですよ。

 

妊娠中は脇だけでなく、さまざまな部分の黒ずみをひどくさせてしまいます。保湿ケアをするのにどんなクリームでも保湿はできますが、妊娠線予防に特化されたクリームは美容効果もあり人気ですよ♪

>>>妊娠線で産後の夫婦仲が悪くなる?ケアの必要性と妊娠線予防クリーム

まとめ

妊娠中に脇の下が黒くなるのは、ホルモンの影響によるメラニンの色素沈着や肌の代謝が弱まっていることが原因です。

多くの妊婦さんを悩ませますが、産後半年~1年ほどすれば黒味も落ち着き薄くなっていくので安心してくださいね。

 

黒ずみは産後徐々に薄くなっていくとはいえ出来ればケアをしておきましょう!

ポイントはこの3つ

  • ビタミンCとビタミンEをたっぷり摂取する
  • 刺激を与えない
  • 保湿をする

メラニンの色素沈着を予防・改善することが大きなケアポイントです。

おやつにビタミンCやビタミンEが含む食品を食べるのも良いですね!

>>>妊娠中におすすめのお菓子やおやつは?安心して間食するポイント

 

 

妊娠しやすくなるためにも、赤ちゃんのためにも、また妊娠中の母体のためにも葉酸はしっかり摂りたい栄養素!

飲まなかったことに後悔するよりも、今からでも葉酸摂取を始めたい、だからこそ葉酸サプリの選び方は大事ですよ。
→後悔しないために!妊娠中の葉酸の役割と葉酸サプリの選び方

 
その他のおすすめ記事

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!おすすめ乳酸菌サプリ


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-妊娠トラブル・からだ

Copyright© うれしい楽しい子育て応援隊 , 2019 All Rights Reserved.