生後1か月・2か月の外出時間は?服装やお出かけの注意・対策について - うれしい楽しい子育て応援隊

生活

生後1か月・2か月の外出時間は?服装やお出かけの注意・対策について

投稿日:

赤ちゃんとの生活にも慣れてきたころ「いつから、赤ちゃんと外出ができるのかな?」そんな疑問も浮かんできますよね。

 

一般的には1か月検診を目安に、赤ちゃんとのお出かけが出来るようですが頻繁に散歩や買い物に出てもいいのでしょうか?また出かけるときには外出時間や持ち物など気になりますよね。

 

今回は生後1・2か月の赤ちゃんとのお出かけ時間や気をつけたい対策ポイントをご紹介します!

スポンサーリンク

新生児のお出かけはいつから?外出時間はどのくらい?

初めての子育ての場合、右も左もわからない状態に苦戦するものですよね!
「赤ちゃんって日光を浴びなくてもいいの?」
「お買い物に行きたいけれど、赤ちゃんは連れて行ってもいいの?」
というのは誰もが一度は考えるものです。

 

そして、生後間もない赤ちゃんを連れてお外を歩いているママって、なかなか見かけませんよね?実は、これにはちゃんとした理由があるのですよ!新生児期の外出について紹介します♪

生後0か月~1か月の外出は控えるべき理由

赤ちゃんが新生児の内(生後1ヶ月くらいになるまで)は、できるだけ外出は控えてお家で過ごした方が良いです◎

 

ママのお腹から出てきたばかりの新生児の時期、赤ちゃんの体はまだ外の世界に順応していません。そのため、気温や湿度、周りの音など、些細なことにも敏感に反応してしまいます。

 

特に、体温の調節がうまくできないので、外出によって室内外の温度差に触れると、体調を崩してしまうなんてことも。また、新生児の時期は免疫力がとても低いです。そのため、外出先で何かの病気に感染したら大変ですよね!ウイルスは目に見えないものなので、どこの誰に潜伏しているのかわかりません。要注意です!

 

外出を控えた方が良い理由は、赤ちゃんだけではありません。産後1ヶ月ほどは、ママの体も回復しきれていない状態です。さらに、慣れない育児や睡眠不足で疲れも溜まっていますよね!この状態での外出は、ママの体にとても負担になります!

 

「お家の中に篭りっきりで息が詰まるな…」というママの気持ちもわかりますが、この時期だけの我慢です。外出は控えましょうね。

 

母乳育児で頑張っているのに胸の痛みが気になる…授乳中のこんな悩みもありませんか?

授乳中に反対の胸が痛くなる!これって大丈夫?母乳の色が左右違う理由

赤ちゃんはいつからお出かけOK?外出時間について

赤ちゃんが外出する時期の目安となるのが【1か月検診】

1か月検診は、生後1か月経った赤ちゃんの成長具合や病気・障害の確認、またママの育児の悩みや不安の解消にもつながる大事な検診です。多くのママと赤ちゃんが一緒に初外出する機会にもなりますよね。

 

また1か月検診で、少しずつ赤ちゃんが外気に触れることを許可されることが多いです。しかしいきなり遠出のお出かけは無理ですよ!

まずは5分程度、ベランダやお庭に出て外気に触れることから始めましょう。そこから少しずつと時間を延ばして外出に慣れていけるようにしていきましょうね。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの散歩や買い物はどうする?3つの注意と対策法

これから小さな赤ちゃんとのお散歩やお買い物はどうすればいいの?と疑問に思いますよね!そこで、シーン別に対策法をまとめてみました♪

①赤ちゃんとのお散歩について

赤ちゃんのお散歩は1ヶ月健診が終わってからにしましょう。それまでは、お部屋の窓際など日が当たる場所での日光浴で十分です。

 

先ほどもお伝えしましたが、お散歩できるようになってもいきなり遠出をしてはいけませんよ!はじめの内は、お庭やお家の周辺を少し歩くくらいで済ませるのがベターです。

 

お散歩をするのは、赤ちゃんの機嫌が比較的よい午前中が良いでしょう♪午前中は、お外も1日の中で過ごしやすい時間帯となっているのでおススメですよ!

②食材や日用品等のお買い物について

お買い物は、旦那さんや家族にお願いするようにしましょう。

 

また、イオンやイトーヨーカドー等の大手のお店では、インターネットによる商品の購入も可能です!これを期に利用してみるのもおススメですよ。

③どうしても外出しなければいけなくなった時は?

赤ちゃんの1ヶ月検診もあるので、どうしても外出しなければいけない時はやってくるものです。その時の注意事項をまとめてみました!

 

【注意事項 三カ条】

  1. 短時間で要件だけを済ませるべし!
  2. 人混みは避けるべし!
  3. 赤ちゃんの様子によって、臨機応変に対応するべし!

特に3点目が重要です!お出かけの途中で赤ちゃんの体調が悪くなってきた・グズグズが治まらないなんて時には、思い切って予定を変更し、すぐにお家に帰る様にしましょう!

 

また、旦那さんやご両親など、一緒に外出してもらえる人がいたらお願いしてみるのも良いですね!何かあった際に手助けをしてもらえるので、ママにとってもとても心強いですよ。

 

ママが抱っこして外出する際は、インサートを付けた抱っこ紐やスリングの使用をおススメします!両手が空きますし、なにより安定した抱っこをすることができます。

 

子育て中のこんな心配はありませんか?

赤ちゃんの頭だけに大量の汗!病気の心配は?その理由と対策法

赤ちゃんの服装について

前述しましたが、新生児期には体温の調節がうまくできません。そのため、ママが赤ちゃんの服装で調節してあげるようにしましょう。

 

暑い日は通気性の良いもの・寒い日は少し厚手のものを選ぶように意識してみてください。また、温度調節しやすい薄手のカーディガンややおくるみ等は、持ち物に入れておくと便利ですよ!

 

夏に限らず、赤ちゃんに直射日光が当たらないように気を付けてくださいね。そして時間帯にも気を付けて、日差しが柔らかい時間・屋内との気温差が少ない時間帯を選んで散歩や外出できるように調整してあげましょう。

 

どうして授乳してすぐに寝ちゃうの?お腹空いてないの?そんな疑問の対処法はこちらです!

→授乳中に赤ちゃんが寝てしまう!大丈夫なの?先輩ママのおすすめの対処法

まとめ

産後の回復も順調ですと、ママも「そろそろ外出したいな」なんて気持ちも出てきますよね。

 

生後1か月後から少しずつ赤ちゃんも外の世界に出ることが出来てきます。しかし無理はいけません。赤ちゃんは生まれてからたった1か月しか経っていないのですから。

無理をして病気の原因になったりしては元も子もないですよね。

 

あと数か月もすれば首も座り、いろいろな所へもお出かけ出来るようになりますよ!今だけのかわいい時期を楽しんでくださいね。

 

産後に妊娠線は出来ていませんか?

もしできてしまっていても嘆かないで!!まだ出来てしまった妊娠線にも対処法はありますよ!

先輩ママ・口コミの間で本当に人気の妊娠線用クリームランキング☆

 

 
その他のおすすめ記事

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!おすすめ乳酸菌サプリ


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-生活

Copyright© うれしい楽しい子育て応援隊 , 2018 All Rights Reserved.