妊娠トラブル・からだ

妊娠中の貧血は危険!胎児にも影響、出産を危険にする理由と予防法

更新日:

妊娠中3~4人に1人は診断される貧血。

たかが貧血と侮ってはいけません。

 

定期健診では必ず血液検査があります。

貧血を放っておくと胎児にも悪影響だからです。

ママ自身にも必要な栄養素ですが

胎児の成長にも必須だからです。

 

今回は妊娠中になりやすい貧血の影響と

予防法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

妊娠中の貧血の体への影響

妊娠時は普段

「”貧血”になったことがない人」

でもなりやすいです。

 

赤ちゃんの成長のために

ママからたくさんの血液が送られます。

しかし普段足りていた血液成分が

妊娠中は胎児へ優先されるため

足りず貧血になるになることが多いです。

 

中でも多いのは

体内の鉄が不足する鉄欠乏性貧血。

まずママの体に影響があらわれます。

  • 動悸や息切れ
  • めまい、立ちくらみ
  • 頭痛
  • からだがだるい

などの症状が出ます。

大きく重くなっていくお腹のせいかと

思っていたら、貧血の診断をされたという

先輩ママも多いのですよ。

 

「立ちくらみ」するから貧血かも?

と思う妊婦さんも多いでしょう。

立ちくらみだけのときは

別の原因かもしれません。

妊娠中の立ちくらみ。原因は貧血?それとも?!

 

しかし無症状な貧血の場合の妊婦さんもいます。

必ず検診で血液検査をして確認しましょう。

 

さらに貧血で怖いのは

胎児や出産に影響が出ることです。

スポンサーリンク

貧血による胎児や出産への影響

hinketu

photo credit: IMG_5931 via photopin (license)

貧血で血液中の栄養素や酸素が不足し

さきほどお伝えしたような症状が

ママに起こります。

 

さらに強い貧血により胎児への酸素不足

あらわれてしまいます。

 

酸素不足により

  • 胎児の発育不足を促す
  • まれに鉄欠乏性貧血になる

といった影響が胎児へ起こります。

 

アメリカの研究によると

妊娠初期から中期に貧血だった場合、

早産や低出生体重児が生まれるリスクは

1.2倍以上も高くなります。

 

そして母体が貧血だと

胎児にも十分な鉄分が蓄えられず

生後に貧血を発症する確率も上がります。

 

乳児期の鉄分不足は

免疫機能の障害を起こすなど

その後の成長にも影響するので

注意が必要です。

 

胎児の酸素不足は羊水を濁らせる原因にも。

【要注意】羊水が濁ると胎児の呼吸が出来ない!その原因

 

また出産の際に貧血だと

少量の出血で血圧が下がりやすく

出血量も増える可能性が高まり、

そのため

  • 大量の輸血が必要
  • お産が長引く
  • 産後の回復が悪い

という影響もあるのです。

 

たかが貧血と侮っていると、

出産時に大量出血を起こしてしまい

命の危険にまで関わってきます。

 

管理人友人は妊娠前から貧血体質。

なんとか改善を試みたのですが、

出産時は大量出血を伴ってしまい

大量の輸血を行う緊急手術に。

生死をさまようほどの危険な状態でした。

 

出来る限り妊娠中に改善しましょう!

妊娠中の貧血予防法

貧血というと鉄分の摂取

頭に思い浮かぶのではないでしょうか?

 

確かに純粋な鉄分不足による貧血は

鉄分の補給で改善されます。

食品でいえば動物性鉄分を多く含む

  • 貝類

は、吸収率も良いので

積極的に摂りたい食品です。

 

レバーにも多く鉄分が含まれますが

妊娠中は控えましょう。

妊娠中は焼き鳥はご法度?レバーを控えるべき理由

 

植物性鉄分を多く含む

  • ひじき
  • 豆類
  • ほうれん草

などはビタミンCと一緒に摂ると

吸収率が高まります。

 

例えば

”ほうれん草とベーコン、ミニトマトのパスタ”

”ひじきとグレープフルーツのサラダ”

美味しそうじゃないですか?^^

 

また妊娠中は甘いものが食べたくなりますよね。

せっかくなのでおやつに鉄分補給を

出来るようなものを食べましょう☆

妊娠中でも甘いものは大丈夫?積極的に摂りたいおやつ

 

また妊娠中に貧血と診断されると

まず鉄剤を処方される方が多いでしょう。

管理人も服用したことがありますが

その後に排便が大変なことになります^^;

 

結局、鉄分は葉酸と一緒に摂取しましたよ。

妊娠中の鉄分不足は葉酸と解決しませんか?

葉酸サプリを選ぶなら妊娠前から産後まで使えるものを!

まとめ

妊娠中の貧血は多くの妊婦さんに

起こりうることです。

 

 

しかし妊娠初期に重度の貧血状態が続くと

早産や低出生体重児というリスクが高まり

出生後も貧血になる可能性があります。

 

また出産時には大量出血のリスクや

陣痛が弱くなりやすく、

お産が長引いてしまうこともあります。

 

安全な出産にするためにも

たかが貧血と言わずに

きちんと治療をしておきましょう。

 

症状が軽いうちに食事や生活環境で

改善を図ることを心がけてくださいね。

 

妊娠線の予防はしていますか?

出来てしまってからでは

後悔しか生まれませんよ・・・

妊娠線で夫婦仲の危機?なぜ予防するべきか!

                           
スポンサーリンク

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-妊娠トラブル・からだ

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.