病気・トラブル

【肌トラブル】子供の冬の乾燥肌、原因は?おすすめの入浴法!

投稿日:

冬になると乾燥する空気。

この時期になるとお子さんの肌トラブルが発生しません?

うちもあるあるです。

(。ノдヽ。)゚

寝ているときに体がかゆくなってしまい、かきむしってしまった事も。

乾燥肌ってどうしてなるのでしょう?

生まれつき?

いえいえ原因もあるのです。

お子さんを乾燥肌から守ってあげましょう!

管理人おススメの入浴法もご紹介します♪

スポンサーリンク

なぜ冬は乾燥肌になるのか?

冬になると大人の皆さんでも肌が荒れるという体験をしたことはありませんか?

この原因は何でしょう。

①肌の水分

さて問題です。

大人と子供ではどちらが肌の水分量が多いでしょう?

答えは

なんと大人!(詳しくはこちらの記事に⇒あせも対策には保湿が必須!

赤ちゃんや幼児のぷにぷにしたお肌にはたくさん水分が詰まっていそうなのですが、実は少ないのです。

冬は念には念の保湿をしてあげないといけません

②冬の乾燥した空気

そして冬の気候にも原因が。

冬の寒い気温には水分が少なくなります。

つまり空気中の湿度も低くなるのです。

乾燥した空気に長く触れていることで、肌の保湿は奪われてしまいます。

「じゃあ、お家なら安心?」

そうでもないんですね・・・

室内でも暖房器具の使用で湿度は低くなっていき、同じく知らずに肌は乾燥してしまいます。

・加湿器を併用する

・家の中に洗濯物を干す

など家の中の湿度を保つようにしましょう!

空気の乾燥は咳をひどくしてしまいます。

ご注意くださいね。

子どもが夜中になると咳込む、吐いてしまう原因は?対処法は?

③冬は皮脂量が減る

冬は新陳代謝が低下し、肌の皮脂量も減ります。

肌の皮脂はいわゆる”バリア”

肌の水分の蒸発を防いでくれる役割をしています。

さらに外からの刺激からも守ってくれます

肌が乾燥するということは、バリア機能の低下を意味しているのです!

④洗いすぎ

冬になると「手洗い」と「うがい」は必須ですよね。

手洗いは大切です。

正しい手洗い方法はご存知ですか?

良かったらこちらにあります。

感染症にかからないためにも正しい手洗いを知ろう!

しかし

・ハンドソープといった石鹸で余分な皮脂まで落としてしまうこと

・手を自然乾燥で乾かしてしまうこと

これらは手荒れの原因にもなります。

手洗いのあとには、タオルやハンカチでしっかり水気を拭き取り、保湿クリームで潤いを保つことが重要です。

保湿の大切さは赤ちゃん時代から必須なのです!

【赤ちゃんと湿疹③】知ってますか?あせも対策には保湿が必須!

また手洗いだけでなく、入浴でも同じことが言えます。

次に乾燥肌にしないおススメ入浴法をご紹介します!

スポンサーリンク

洗い過ぎない入浴法

tamorisiki

手洗いに石鹸を使いすぎると手が荒れる。

よくありますよね。

実はコレ、手に限ったことではないのです。

カラダでも同じことが起こります。

それは赤ちゃんや幼児の柔らかな肌ならなおさら!

もしナイロンタオルでボディーソープを泡沢山につけてゴシゴシ洗っていたら危険です。

余計な皮脂や角質まで落としてしまうので、体の自然な皮膚バリアが作れなくなります。

ガサガサした乾燥肌やかゆい敏感肌の原因にもなってしまいます。

そこで管理人おススメの入浴法、その名も

「タモリ式入浴法」

あの”タモさん”

以前に笑っていいともで紹介されていたのです。

方法はいたって簡単、

①身体を洗うのに石鹸やボディソープを使わない

②湯船に10分以上浸かる

以上です。

身体の汚れは、ほぼ水溶性。

なので

・湯船にある程度浸かれば汚れは落ちる

そして

・過剰に皮脂を落とさないので肌乾燥がない

という見解。

「え~?!石鹸で洗わないの?」

そうなんです。私も最初は・・・抵抗ありました。

(´Д`υ)

ですので少々ズルですが、

私はわきの下・陰部等、気になるところは使ってます。

でも腕や足、お腹なんかは使っていないのですが、その効果は

冬の粉ふきいも状態が無くなりました!!

しっかり肩まで浸かること、

熱すぎるお湯は逆効果なので、ぬるめにゆっくり浸かるのがポイントですよ。

入浴後に保湿もしていますが、子供たちも夜中の”カユイ・カユイ”も無くなってます☆

全く石鹸を使わないことに抵抗があるようなら

低刺激の石鹸に変えてもらい、ナイロンタオルでゴシゴシに洗うことを止めるだけでも大きく効果はありますよ!

まとめ

冬の子供の乾燥肌は、

・肌の水分量が少ない

・空気が乾燥しているので肌の保湿を奪われる

・皮脂量が少なくバリアが張りにくくなっている

・石鹸による洗いすぎ

以上の原因があげられます。

冬はウイルス感染を防ぐために手洗いが必須となっていますが、手荒れの原因にもなります。

入浴でも同じことが言えます。

身体を石鹸で洗いすぎると乾燥肌、敏感肌の原因です。

皮脂を落としすぎ、皮膚本来のバリア機能を低下させてしまうのです。

ぜひタモリ式入浴法をお試しください!

方法は簡単。

・湯船に10分以上浸かる

・身体は石鹸やボディソープで洗わない

以上の2つです。

石鹸を使わないことにどうしても抵抗があるのなら、低刺激のものと替え、ゴシゴシ洗いを止めるだけでも効果は得られますよ。

もちろん入浴後はしっかりと保湿をすることを忘れないでくださいね!

冬になると子供の熱や咳の心配が出てきませんか?

子供の熱が上がったり下がったり、原因は肺炎?ほかには?

子どもが夜中になると咳込む、吐いてしまう原因は?対処法は?

                           
スポンサーリンク

あなたのお悩み解消記事

benpi03
第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2
第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2
第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03
第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari
第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan
第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1
第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC
第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341
第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller
第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


-病気・トラブル

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.