妊娠線が出来にくい体質と出来やすい体質の違いは?遺伝との関係性

      2016/03/10


女性ならみんな

いつだって綺麗でいたいですよね♪

妊娠・出産だって同じです。

 

しかし

妊娠中に出来る

「妊娠線」

妊娠線が1度出来てしまうと

元の肌のように戻すのはとても難しいです!!

 

そうなると薄着になったり、

水着になったり、肌を見せることが

ツライ状況になってしまいます。

 

そんな妊娠線が体質によって

出来やすい人

出来にくい人

がいるのをご存知ですか?

 

自分がどちらに当てはまるか

知っておくことは

産後も綺麗な身体でいるためにとても重要ですよ!!

 

スポンサーリンク

 

妊娠線が出来るのは遺伝?体質?

産後のママ友の間でも

妊娠線が出来た人と

妊娠線が出来なかった人に

はっきり分かれます。

 

管理人と同じような体型で

体重増加量も変わらないのに

妊娠線が出来てしまった

というママ友もいます。

 

なぜこんな風に分かれてしまうのか?

 

妊娠線が出来ることが実は自分の遺伝や

体質と大きく関係しているのです。

 

もちろん予防も必須ですよ。

おススメ人気の妊娠線予防クリーム3選

妊娠線が出来るのは遺伝?

残念ながら

妊娠線は遺伝要素があります!

 

23andMeという遺伝子関連企業が

研究した結果、

妊娠線といった「肉割れ」

原因は遺伝子的要素も

大きく関わっていることが発表されました。

 

母親に妊娠線が出来ていれば

自分にも妊娠線が出来る確率は

高くなるのです。

 

家族であれば体質も

同じようなことが多いでしょう。

 

つまり体質面でも妊娠線が

出来やすい状態なわけですね。

 

反対に母親に妊娠線が

出来ていなくても、

自分が妊娠線の出来やすい

体質であった場合

気をつけないといけないと

後悔するはめになるかも

しれないのです!

 

妊娠線が出来やすい体質

stretchmark

妊娠線が出来やすい体質とは

どんな体質かと特徴をあげると

  • 乾燥肌(あかぎれ、ひび割れが出来やすい)
  • 肥満体質で皮下脂肪が多い
  • 筋肉が少ない
  • 皮膚が伸びにくい
  • 血行が悪い
  • 虫刺されの跡が残る

というような特徴があります。

特に

乾燥肌であかぎれ・ひび割れが

出来やすい人、

虫刺されの跡が残りやすい人

要注意です。

 

妊娠中、急激に皮膚が伸ばされ

真皮、皮下組織に亀裂が入り

妊娠線は出来ます。

乾燥肌の人はちょっとした

刺激にも亀裂が起こりやすく

妊娠線の元となってしまいます。

 

とくに妊娠中は水分を多く

奪われやすい状態ですからね。

 

虫刺されの跡が残りやすい人、

このような肌体質の人もご注意を。

自分は妊娠線が出来やすいという

判断基準にもなります。

 

妊娠線が出来にくい体質

では反対に

妊娠線が出来にくい体質というのは

こういった特徴があります。

  • 肌が保湿されている
  • 肌が丈夫である
  • 血行が良い
  • 皮下脂肪が少ない

このように肌に潤いがあり

血行が良いことで、

皮膚代謝自体も活発に

おこなわれている体質の人

妊娠線が出来にくいでしょう。

 

しかし妊娠線が出来てしまうのに

体質が大きく関わりますが

なりやすい体質の人だからこそ

ケアを怠らないことが重要です!

 

もちろん体質的に妊娠線が

出来にくい人であっても

予防を怠っていては

後で残念な結果が待っていることも

あり得ますからね!

スポンサーリンク

妊娠線を予防するには?

妊娠線の予防には

なにより「保湿」

 

妊娠線が出来やすい体質の特徴を

もう1度確認してもらえますか?

自分で改善出来る1番手軽なことが

「乾燥肌」なのです。

 

保湿クリームを塗りながら

軽いマッサージで

肌の潤い+血行促進

の改善効果が大きく期待できます☆

 

自分のケア次第で

うるおいのある肌を作ることは可能です。

 

出来やすい体質なんだ~。。。

と諦める前に、

妊娠初期から

妊娠線予防クリームで保湿したり、

急激な体重増加にならないよう

生活習慣を整えることで

妊娠線は予防することは可能ですよ!

人気には理由がある!おススメの妊娠線予防クリーム

まとめ

妊娠線は遺伝や体質によって

出来やすさが変わってきます。

 

出来やすい体質の特徴は

  • 乾燥肌(あかぎれ、ひび割れが出来やすい)
  • 肥満体質で皮下脂肪が多い
  • 筋肉が少ない
  • 皮膚が伸びにくい
  • 血行が悪い
  • 虫刺されの跡が残る

一般的に皮膚が弱い人が

妊娠線が出来やすいです。

 

しかし出来やすいからこそ

事前にケアをすることも可能です。

 

そのためにはしっかり

【保湿】しましょう!

妊娠線で夫婦仲に亀裂?予防が必須の理由

スポンサーリンク

     

あなたのお悩み解消記事

benpi03 第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2 第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2 第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03 第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari 第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan 第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1 第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC 第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341 第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller 第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


              

  他にはこんな記事も人気です!

【むくみ対策】妊娠後期のむくみに効果抜群な食事法・食べ物は?

おなかも大きくなってくる妊娠後期。   思うように動けなかったり、 体 …

葉酸サプリはつわりに効果あり?!軽くなったという根拠のわけ

妊娠中にツライもの、 「つわり」 ほとんどのママさんが 賛同出来るのではないでし …

【要注意】妊娠中の立ちくらみやめまい!貧血?考えられる3つの原因と対処法

買い物中に立ちくらみ。 歩いていて、急にふらふらして目まい、朝起きて頭痛が・・・ …

肩こりがひどい!!妊娠中でも簡単エクササイズで肩こり解消法

妊娠中の不調の原因のひとつに「肩こり」があげられますよね。   お仕事 …

夜中に空腹感「食べづわり」がツライ!乗りきるための対策法

妊娠中のつわりは多くの妊婦さんに あらわれる症状ですよね。   食べづ …

葉酸で染色体異常率が低くなる!流産、ダウン症のリスクを軽減?

妊娠して無事に出産するまで 妊婦さんは気を休める時間は 少ないですよね。 &nb …

妊娠初期に咳が止まらない!咳き込むと下腹部が痛いけど流産の心配は?

妊娠初期は赤ちゃんの体が作られ 大事に過ごしたい時期ですよね。   そ …

妊娠初期に下痢や下腹部痛!流産の危険性は?注意したい症状と対策法

妊娠初期はホルモンバランスの 変化でさまざまな体調変化があらわれます。 &nbs …

妊娠中のカンジダ再発防止には乳酸菌?!菌を増やす食品と抑える食品

妊娠中のカンジダ膣炎感染率は とても高いものです。   でもカンジダ膣 …

妊娠初期の腰痛は赤ちゃんのSOS?流産の不安と腰痛の緩和方法

妊娠をすると自分の体でも 大きく変わった感じがします。 これも出産にむけて赤ちゃ …

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑PageTop