【子供でも発症】絞扼性イレウスとは?治療や予防法はあるの?

      2015/04/27


 

絞扼性(こうやくせい)イレウスってご存知ですか?

 

あまり聞きなれない病名ですよね。

大人に多い病気ですが発症後は緊急を要します。

しかし幼い子供たちでも発症事例があります。

 

知らないと絶対に悔やまれる

そんな怖い病気「絞扼性イレウス」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

絞扼性(こうやくせい)イレウスとは?

腸閉塞のことをイレウスといいます。

この病気は腸管がなんらかの原因で詰まってしまい内容物が腸の中に充満する状態です。

 

多くは手術経験のある人に起こる癒着性イレウスが多いのですが

乳幼児では先天的なものもあれば、出生後に発症することもあります。

 

この絞扼性イレウスとは

腸管とともに腸間膜という腸に酸素や血液を送る部分も締め付けられたり

ねじれたりして血流障害を起こしたものです。

 

kouyaku   nejire画像のように腸が紐で縛ったような状態だったり、ねじれてしまうのです。

放っておくと腸管が壊死を起こしてしまったり

敗血症を起こすため緊急性が必要となります。

 

絞扼性イレウスは多くの症例が大人の手術経験のある人です。

しかも絞扼性という判断についてはとても難しいのです。

 

そんな判断の難しさも含め小児での診断は極めて困難なのです。

 

こんなに怖い絞扼性イレウスですがどんな症状が起こるのでしょう?

 

スポンサーリンク

絞扼性イレウスの症状とは

イレウスの症状と同じような症状が出ます。

・お腹が膨れる

・嘔吐

・腹痛

 

この症状で思い当たることはありませんか?

 

胃腸炎などと同じ症状なのです。

 

そして残念ながら、ただの腸炎と誤診断され亡くなってしまったケースもあるのです。

 

絞扼性イレウスは腸が絞められていたり、ねじれていたりするので

激しい腹痛を訴え、かなりの痛みで七転八倒する子もいます

また、たび重なる嘔吐を繰り返すことも特徴です。

 

そして絞扼性イレウスは進行も早いため治療にも緊急手術が必要となります。

 

発症からたった16時間で亡くなった女の子もいるのです。

 

絞扼性イレウスの治療法とは?

ileus

緊急手術が必要です。

 

手術では腸のねじれを戻したり、腸管を絞めているひも状の組織を切ったりし

腸閉塞(イレウス)の原因を取り除きます。

 

もし腸管が壊死しているようである場合はその部分を切除、吻合しなくてはいけません。

 

しかし絞扼性イレウスは適切な診断を受け、手術を行えば治療できる病気です。

 

では予防法はあるのでしょうか?

 

絞扼性イレウスの予防法とは?

先天的な原因では予防することが難しいのですが

腸閉塞の予防が絞扼性イレウスの予防にもつながります。

 

・排便習慣をつける

習慣的な便秘が原因となることもあるので、腸を詰まらせないようにしましょう。

 

・適度な運動、十分な水分

便が硬くならない為に気をつけるといいですよ。

 

・消化に負担がかかるものは控える

 

しかし幼児の絞扼性イレウスの原因は突発性であったりするので

予防するのが難しいかもしれません。

 

まとめ

今回は悲しくなってしまうようなお話になってしまいましたね。

 

子供が病気というのは軽症でも重症でも嫌なものですよね。

 

今回はあまり子供での症例を聞いたことがない方も多いかと思います。

子供が絞扼性ウイルスにかかることは稀だそうです。

管理人も知らなかったため、自分のためにも調べてみました。

 

知らずに何かあっては辛いです。

でも、もし知っていれば違った結果に出来ることもあると思います。

 

日ごろから子供の様子をしっかりと観察し

いつもと違う状態を見極めてあげられるといいですよね。

 

 

スポンサーリンク

     

あなたのお悩み解消記事

benpi03 第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2 第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2 第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03 第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari 第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan 第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1 第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC 第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341 第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller 第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


              

  他にはこんな記事も人気です!

【赤ちゃんと湿疹③】知ってますか?あせも対策には保湿が必須!

汗ばむ季節になってくると赤ちゃんや子供たちの”あせも”確率がグンと上がります。 …

赤ちゃん・子どもを守れ!夏の”いや~な蚊”の対策方法

  ”蚊” 梅雨があけると一気にわいて出てくるような気がするのは管理人 …

産後のイボ痔いつまで痛い?自然治癒できる?手術はいつから受ける?

ママの皆さん、出産のときにイキみました? そりゃ、イキまないと 赤ちゃんは出てこ …

【赤ちゃんと湿疹①】乳児湿疹の種類と原因、そのケア方法とは?

  生後まもなく赤ちゃんの顔やからだに異変が起こり始めるかもしれません …

子供のアレルギーは遺伝する?!親がアレルギー体質の気がかり

もしも自分やご主人にアレルギーがあるとしたら、その体質は遺伝してしまうのか? 心 …

熱中症対策!子供に気をつけるべきポイントは?予防法について

これからの季節 気温も上がってくると 「熱中症」 という言葉もよく聞きますよね。 …

これって赤ちゃんのアレルギー反応?いつから、どんな症状がある?

生後6ヶ月を過ぎれば、徐々に離乳食が始まります。 食べられる食材が増えていくこと …

手足口病の初期症状を見分け早期治療!感染経路と感染予防法

春から夏になると流行する 「手足口病」 赤ちゃんから大人まで 感染する可能性があ …

赤ちゃんのへその緒の消毒はいつまで?取れた後はどうする?

赤ちゃんのへその緒は、 ママとつながっていた大事な管。   ここから酸 …

子どもがアシナガバチに刺された!慌てずに応急処置するポイント

田舎に帰省やキャンプなど、ハチに出くわす可能性の高まる夏休み。 ハチに刺された時 …

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑PageTop