妊娠初期の腰痛は赤ちゃんのSOS?流産の不安と腰痛の緩和方法

   


妊娠をすると自分の体でも

大きく変わった感じがします。

これも出産にむけて赤ちゃんを

成長させるために大切なこと。

 

しかし中には体の不調になってしまうことも。

とくに妊娠初期に腰痛に悩まされ

痛みが流産の可能性を示唆してしまう

不安にもなります。

 

今回は妊娠初期の腰痛の原因、

流産との関係性、

腰痛の緩和方法をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠初期の腰痛の症状と原因

妊娠中のトラブルに多い「腰痛」

多くの妊婦さんを悩ませ、困らせます。

腰痛というイメージから

お腹の大きくなった妊娠後期の

トラブルという印象がありますが

妊娠初期でも腰痛になってしまいます。

 

妊娠初期の腰痛の症状として

  • 腰周りがズーンと重たい感じ
  • 座っているのもツラいほど腰が痛い
  • 骨盤のあたりに痛みを感じる
  • 腰から背中にかけて痛い
  • 腰から足の付け根が痛く、足が重い

と、人によってさまざまですが

腰周りに痛みを感じられます。

 

管理人の義妹は事務職な上に

腰痛があったため妊娠初期の

デスクワークはつらかったようです。

出来るだけ長時間同じ姿勢にならないよう

気をつけていたようですよ。

 

人によって軽度~動けないぐらいの

重度な症状を感じられるため

違和感を感じる場合は

早めに対策を立てることをお勧めします!

 

妊娠といえば「つわり」

つわりの症状はいつから感じるのでしょう?

つわりはいつから?早ければこの時期

 

 

でもなぜ妊娠をすると腰痛になってしまうのか?

その原因は「ホルモン」と関係するようです。

 

妊娠によって体内のホルモン分泌が

変わり色々な作用を働きかけます。

腰痛の原因は「リラキシン」

というホルモンが大きく作用しています。

 

リラキシンは「子宮弛緩因子」とも

いわれるホルモンです。

 

出産の際に赤ちゃんの頭が

ちゃんと産道を通り抜けられるよう

恥骨の結合部分を緩める働きがあり

無事に出産するために大切なホルモンでもあります。

 

しかしリラキシンは恥骨だけでなく

体中の靭帯に働きかけるため

筋肉や関節への負担を大きくします。

 

またリラキシンだけでなく

妊娠後に分泌が増える

「エストロゲン」「プロゲステロン」も

靭帯緩和作用を働きかけるため

妊娠したら腰痛になったという人も多くいます。

 

ホルモンの分泌の変化は

自律神経を乱し立ちくらみやめまいの原因にも。

詳しくはこちらに

妊娠中の立ちくらみやめまい!考えられる3つの原因と対処法

注意!妊娠中に腰痛を悪化させやすい人

できれば腰痛になんてなりたくない

というのが本音でしょうが、

腰痛になりやすい人もいます。

 

腰痛はホルモンの影響だけでなく

日常生活のこんな悪習慣も原因となるからです。

  1. 姿勢が偏っている
  2. 冷え症の人
  3. 肥満気味の人
  4. 疲労やストレスを感じやすい
  5. 運動不足
  6. 筋力が弱い

とくに長時間の同じ姿勢でいることは

筋肉の負担をかけやすいです。

 

また、かばんの持ち方や

子供を抱っこする利き腕など

癖になっている動作が

徐々に筋肉の疲労・骨格のゆがみを

生みやすいので注意してください。

 

どうしても利き腕で動作してしまうのが

癖でもあり、スムーズですよね。

少しの意識がゆがみの改善にもなりますよ。

 

腰痛を知らなかった人でも

妊娠を機に腰痛になりうるのは

多く見受けられます。

 

また元々腰痛持ちだという人、

椎間板ヘルニアや座骨神経痛など

腰痛の持病を持っている場合は

悪化する可能性も高いため

より注意が必要です。

スポンサーリンク

腰痛と流産は関係する?

namida

妊娠初期は流産の確率も高く

痛みを伴うと流産ではないか?

と心配になってしまうものです。

 

しかし腰痛の症状だけで

妊娠初期の流産の心配は

必要ないと思います。

 

残念ながら流産を経験してしまった人が

流産の兆候に腰痛や腹痛があったことから

腰痛=流産の危険性

という噂になってしまったのかもしれません。

稽留流産の兆候は?流産しやすい時期がある?自分でできる予防策

 

流産における兆候は腰痛だけでなく

「出血」「基礎体温の低下」

「激しい腹痛や下腹部の痛み」

「つわりが無くなった」

など他にも症状があるので

気になる症状は見逃さないようにしたいですね。

 

胎児の先天性異常や奇形を防ぐ「葉酸」

葉酸は毎日の摂取が理想なため

手軽な葉酸サプリが賢いプレママの証拠♪

産後まで必要な葉酸サプリを後悔しない選択をしましょう。

葉酸サプリを選ぶ決め手は「不足がちな栄養素」の配合

 妊娠初期の腰痛の3つの緩和方法

妊娠中に腰痛がつらくても

不要な薬や湿布薬など避けたいもの。

でも出来るだけ痛みをやわらげたいですよね。

妊娠中の風邪【葛根湯】を服用しても大丈夫?漢方は副作用がない?

 

妊娠中も産後もモーラステープ、

インドメタシン配合の湿布薬は危険です!

授乳中の湿布使用は母乳に影響?市販品は?使ってはいけない湿布薬

 

まず1つ目におススメなのが

「患部やその周辺を温めること」

血行が悪くなる”冷え”は

筋肉がこり固まって痛みを生みます。

 

体の中心から温まるように

「腹巻き」「足元を冷やさない」

「入浴をして体を温める」

など、意識して冷やさないよう心がけましょう。

 

そして2つ目は、

運動不足にならないように心がけます。

妊娠しても軽いウォーキングや

水泳、ヨガなどマタニティ向けのものはたくさんあります。

日頃から筋力を鍛えておくことも大切です。

 

また仕事で長時間同じ姿勢になりやすいなら

マッサージやストレッチで体をほぐすことも忘れずに。

こまめに数十秒ほどの伸びをするだけでも

腰への負担は大きく違います。

 

動くときは急に動くのではなく

ゆっくりと重心を移動して、

体に負担をかけないようにします。

無理な体勢や急な反動をしたりすると

腰の負担を大きくし、悪化の原因にもなります。

 

3つ目に

「骨盤ベルトや腰痛ベルト」を着用する

ことも緩和効果があります。

 

またまだ腰痛でなくても

ベルトで腰周りや骨盤のサポートで

腰痛の予防になりますよ。

 まとめ

妊娠初期の腰痛はよくある症状です。

妊娠によってホルモンの分泌が

変わったことが大きな原因です。

しかし日常生活の悪習慣の中にも

腰痛を引き起こす原因が多く含まれるので

気をつけましょうね。

 

腰痛以外の

  • 不正出血
  • 腹痛・下腹部痛
  • つわりが無くなる
  • 基礎体温の低下が続く

といった症状がある場合には

流産と関係することもあります。

必ず主治医に相談しましょう。

 

腰痛があまりひどいと

出産も大変になります。

きちんとケアをして

悪化させないようにることが

大切ですよ☆

 

妊娠線の予防はしていますか?

妊娠初期から妊娠線の予防をしないと

産後の夫婦関係にまで影響してしまいます。

後悔しないためにもケアは怠らないように!!

先輩ママが選ぶ妊娠線予防クリームは?値段?それとも効果?

スポンサーリンク

     

あなたのお悩み解消記事

benpi03 第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2 第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2 第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03 第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari 第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan 第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1 第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC 第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341 第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller 第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


              

  他にはこんな記事も人気です!

【大丈夫?!】妊娠に気付かずにインフルエンザの予防接種の真相

毎年、冬になると猛威をふるう ”インフルエンザ” 流行する前にと、 予防接種を受 …

【不眠解消】妊娠後期、眠れない妊婦さんの原因と5つの解消法

妊娠中は不眠に悩む妊婦さんは多いですよね。 しかも妊娠中期~後期に入ると もっと …

【妊娠超初期症状】イライラの原因、PMSと違いはあるの?

いつもなら気にしないことが気になる。 ちょっとした夫の発言に悲しくなる。 &nb …

母子感染を防ぐ!妊娠中に感染症にかからないための予防法

前回、妊娠中にかかると危険な感染症をまとめました。   妊娠中は免疫力 …

【妊娠初期】妊娠性鼻炎って何なの?症状と簡単解消法

  妊娠が発覚してからというもの 鼻水、鼻詰まり、くしゃみ が、止まら …

逆子の胎動は通常と違う感じ方って本当?下腹部や膀胱に感じる動き

一般的にはエコー検診で ”逆子” の発見をすることが多いですよね。   …

【妊娠とアルコール】なぜ妊娠中のアルコール摂取は危険なのか?

  女性でなくても多くの人は妊娠中にお酒を飲んではいけない、 と認識し …

妊娠線が出来にくい体質と出来やすい体質の違いは?遺伝との関係性

女性ならみんな いつだって綺麗でいたいですよね♪ 妊娠・出産だって同じです。 & …

【妊娠初期】つわりで胃痛!胃薬は飲んで大丈夫?原因と改善策

つわりといえば 吐き気や眠気といったイメージが強いのですが なかには胃がキリキリ …

妊娠中のカンジダ再発防止には乳酸菌?!菌を増やす食品と抑える食品

妊娠中のカンジダ膣炎感染率は とても高いものです。   でもカンジダ膣 …

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑PageTop