授乳中の湿布使用は母乳に影響?市販品は?使ってはいけない湿布薬

      2016/10/30


抱っこやオムツ替え、育児中に前屈姿勢になることが多く産後の悩みに「腰痛・肩こり」をあげるママも多いでしょう。

 

私も今まで腰痛には無縁だったのですが、重たいわが子に腰が「ピキッ!」となったことも・・・
(。┰ω┰。)

腰痛や肩こりだけでなく、腕や足・産後のママの体は悲鳴をあげています。

こんなとき

「手軽に購入できる”市販の湿布薬”を貼っていいものか?」

「母乳育児をしていると、湿布薬からも影響があるのでは?」

「赤ちゃんに影響は無いの?」

こんな悩みがつきませんよね。

今回は授乳中の湿布薬の影響をまとめてみました。

スポンサーリンク

母乳に影響のある痛み止め成分

bonyu-ship

腰痛に限らず、肩こり・筋肉痛etc・・・

育児は体を酷使するので、あちこち痛くなりますよね。

抱っこや授乳で手首が痛くなった、というママは「腱鞘炎」かもしれません。

セルフチェックをしてみましょう。

詳しくはこちら⇒【腱鞘炎】育児中のママに襲う手首の痛み!悪化させない対処法

本当は病院や整体に行きたいところだけど、暇もないから湿布を貼って痛みをやわらげたいですよね。

じゃあ、市販の湿布薬は母乳に影響はないのか?

実は、成分によっては影響あります!

・ジクロフェナク

・インドメタシン

 

これら痛み止めの成分は、血液を巡り痛みを緩和させてくれます。

通常なら「痛み止め成分の吸収性の良さから、痛みを緩和する」という良い影響も、妊婦さんまた授乳中の方には影響が出る可能性も否定できません。

 

ただ湿布薬の場合は、飲み薬に比べて血液に入る薬の量が少ないことから使用を認めるお医者さんもいらっしゃいます。

湿布薬によっては配合薬が違うため、自己判断ではなく薬剤師または医師の助言のもとの使用をお勧めしますよ。

 

微量ながら母乳にも移行するので、赤ちゃんに影響はないとは言い切れません。

たくさん貼れば成分の血中濃度も高くなります。心配な思いを抱えるなら止めておいたほうが良いでしょう。

 

授乳中は口にするものも気をつけないといけません。

栄養バランスの良い食事は母乳に大切ですが、あまり気を張るのもストレスの元です。

手軽に簡単なジュースで栄養補給をしませんか?

 

奇跡のフルーツ「サジー」はトマトの20倍以上の抗酸化力があります。

もっと詳しくはこちら。

なぜ豊潤サジーで栄養補給になるのか?秘密はこちら

 

『モーラス』『モーラステープ』は医師の診断のもとに処方されますが、授乳中の方は使用禁止です。

 

厚生労働省から妊婦さんまた胎児への影響が報告されているため、妊娠中また産後の授乳期は禁止という発表が出されています。ご注意くださいね。

 

アルコールも血液から母乳に移行します。ご注意ください!

詳しくはこちら⇒【授乳とアルコール】お酒を飲みたいけどホントの所どうなる?

スポンサーリンク

授乳中でも使える市販の湿布薬

妊娠中に限らず授乳中も母乳を通じて赤ちゃんに影響することがあります。

注意して市販の湿布薬を選ばなければなりません。

 

市販薬には商品の箱に「第●類医薬品」と書かれているのを見たことありませんか?

これは薬事法によって”副作用の危険性”を第1~第3類にまで分けたものです。

 

第1類医薬品

1番強い副作用反応がみられる、つまり成分を濃くして作られていると考えていいでしょう。

この第1類医療品の湿布薬は、妊婦さんはもちろん授乳中のママも使用は止めた方が良いです。

 

第3類の薬品に比べたらよく効きますし、授乳での影響は少ないと判断され授乳中でも大丈夫と使用許可する先生もいます。

しかし心配を抱えるのなら止めておきましょう。

葉酸は妊娠中だけ必要だと思ってませんか?

産後の授乳にも大事な葉酸、良質な血液は大事な赤ちゃんの成長を育みます☆

良質な血液のために葉酸サプリで手軽に摂取!

■第2類医薬品

より弱い成分ですが第1類と同様、係りつけの医師に相談したほうが賢明です。

例えば前述した注意したい成分の一つ「ジクロフェナク」

この第2類医薬品で販売されている「ボルタレン」「ジクロテクト」といった商品名のテープやゲルはジクロフェナクトが有効成分の鎮痛剤です。

使用上には注意してくださいね。

第3類医薬品

第3類医薬品は安全・健康上のリスクが比較的低い医薬品です。

第3類医薬品のものなら授乳中でも使ってもほぼ大丈夫

とはいえ、アレルギーや肌の荒れやかぶれなど別の問題もあるので100%大丈夫とは言いきれません。

 

第3類医薬品の湿布薬には

・アンメルツヨコヨコ

・サロンパスA

・腰痛パテックス

・パテックスうすピタシップ

というような商品があります。

必ず使用する際には、取扱説明書をよく読んで使いましょう。

授乳中は湿布薬・塗布薬の使う場所に注意!

授乳中に赤ちゃんに影響ある成分の湿布薬を貼ってしまった!!

といっても2~3枚を使用したからといって、急な赤ちゃんの体調不良に陥る原因となることは稀でしょう。

 

長期的な使用・大量に使用した場合に、心配なようなら医師に相談した方が安心です。

 

また授乳中に湿布薬や鎮痛剤を使用する場合には、使用する場所の配慮が必要です!

赤ちゃんが口にする場所はもちろん、赤ちゃんが触ったりするような場所には使用しないようにしましょう。

 

産後の肩こりや腱鞘炎といった痛みがある時は特に注意が必要ですね。

「首周り」「肩」「乳房周辺」

といった部位は授乳や抱っこといった日常のお世話で、赤ちゃんが簡単に触れてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。

 

授乳中に赤ちゃんに噛まれていませんか?

原因や対策法について詳しくはこちら

授乳中に歯で噛まれたり当たって痛い!原因は?そんなときの対策方法

まとめ

育児をしながら腰痛や腱鞘炎といった痛みを抱えると、とても大変です。

さらに無理して動けなくなってはいけません。

薬品を使うべきところは使いましょう!

第1医薬品や第2医薬品のものでも、医師によっては推奨します。

しかし安全性は100%ではありません。

 

最終的に大事なお子さんを守れるのはママや家族です。

使用にはご注意してくださいね。

2人目が欲しいけど・・・

旦那が疲れ果てていてそんな元気も無い。

そんなときはマカと亜鉛がおすすめです!

疲れを軽減するには何が効く?マカ+亜鉛の効能

 

スポンサーリンク

     

あなたのお悩み解消記事

benpi03 第1位
便秘の悩み
便秘には腸内環境を整えるべき!


neru2 第2位
葉酸の悩み
後悔したくない!葉酸サプリの選び方


tukare-2 第3位
子作りの悩み
疲れ過ぎて夜の体力がない?マカで悩み解消!


stretch03 第4位
妊娠線の悩み
妊娠線で夫婦仲崩壊?絶対するべき妊娠線ケア


tabeduwari 第5位
つわりの悩み
いつからつわりは始まるの?

fuan 第6位
稽留流産の悩み
手術か自然流産を待つか?


yousui1 第7位
胎児の悩み
エコー検査でダウン症を発見出来るのか?


SAMSUNG CSC 第8位
妊娠中のタバコの悩み
閲覧注意!妊婦とたばこ


000341 第9位
セックスの悩み
妊娠中のセックスはOK?


oreiller 第10位
つわりの悩み
辛いつわりの終わったと感じたとき


              

  他にはこんな記事も人気です!

外出先の授乳方法のコツ!服装は?疲れない抱き方の4つのポイント

授乳のとき姿勢が悪いと 肩が凝ってしまうし、腕もつらい・・・   家で …

【授乳とアルコール】お酒を飲みたいけどホントの所どうなる?

妊娠中はお腹にいる赤ちゃんのために禁酒。 今度は母乳育児のために禁酒。 お酒大好 …

子どもが夜中になると咳込む、吐いてしまう原因と対処法

昼間は元気に遊んでいたのに、 夜になると咳込む。 さらに咳込みすぎて吐いてしまう …

【小児の絞扼性イレウス】子供にどんな症状があるのか?

  子供が病気になるだけでも親の心は傷つくのに 幼いわが子を病気で亡く …

新生児のおへそから出血したらどうする?こんな病気に気をつけて

へその緒は、お腹の中で ママとずっとつながっていた証拠。 産後にポロリと取れてし …

初めて熱性けいれん!救急車を呼んでもいい?呼ぶべきときと対処法

子供が病気になってしまう。 親としてつらいですよね。   子供が熱を出 …

子供の熱が上がったり下がったり、原因は肺炎?ほかには?

急に子供が熱を出すことって よくありますよね。   つらそうな子供の姿 …

赤ちゃん・子どもを守れ!夏の”いや~な蚊”の対策方法

  ”蚊” 梅雨があけると一気にわいて出てくるような気がするのは管理人 …

産後のイボ痔いつまで痛い?自然治癒できる?手術はいつから受ける?

ママの皆さん、出産のときにイキみました? そりゃ、イキまないと 赤ちゃんは出てこ …

授乳中に反対の胸が痛くなる!これって大丈夫?母乳の色が左右違う理由

授乳時間はママにも赤ちゃんにも幸せな時間。 なのに、授乳している胸と反対の胸が「 …

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑PageTop